エアコン(業務用エアコン)をリース契約にするメリットとは

業務用エアコンは、一般家庭のエアコンよりも大型で本体価格や設置工事費用もかなり高額になります。特に広いオフィスや作業上、厨房などの空間は天井埋込みタイプや天井吊り型などの強力な冷房機能が必要です。業務用エアコンは長期間の高負荷運転にも耐えうるだけの堅牢な設計がなされており、安全性や安定性にも優れているのですが、やはりその分のコストが機器代金に上乗せとなるものです。そのため、コピー機やプリンターなどと同様にエアコン本体もリース契約とする企業が多く見られるようになりました。
リースの場合は使用期間の間は、一定の金額を支払って本体機器を借り受けるという仕組みであるために、初期投資費用が抑えられるという大きなメリットがあります。またメンテナンス費用や故障時の修理などもリース料金に含まれていますのでトラブルの際にも安心感が得られるというメリットもあります。
もちろんリースとはいえ設置工事が必要ですので、導入したい空間に応じて工事費用を算出する必要がありますが、業務用エアコンを専門に取り扱うリース業者のサイトで簡単な見積もりを出すことも可能です。
業務用エアコンのリース業者を選ぶ際の基準は、リース価格の安さはもちろんのこと、取り扱いメーカーの豊富さ、アフターサービスの良さなどを総合的に判断して選ぶことが重要です。業務用エアコンは設置に関して高度な技術と専門性も必要ですので、実績と信頼のある業者へ依頼することが最良の選択です。

Just another WordPress site