エアコンメーカーでルームエアコンを比較すると

しかし家庭用エアコンの場合にはメーカーの数も多く、性能はどんぐりの背比べでメーカーの比較は単純にはできにくい状況にあるとも言えます。
最近のルームエアコンも便利かつ多機能になっていてこんなに機能がついているほうが良いのかどうかの判断に迷うケースも見られます。
テレビの宣伝も多い場合はお金をかけるだけ多くの人に知ってもらえるという利点もあります。テレビで常時宣伝するぐらいだから良い製品に違いないという認識を持つに至ることも考えられます。
便利な機能としてはフィルターに捕獲したダニやカビ、花粉などを強力に分解し、フィルター内に限らず機械内部も同じくこの機能が働くものもあります。
室内の明るさに関係なく人の体感温度を部位別に検知して温度調整を行える機種というものも出て来ていますし、イオンを空中に放出してイオンで室内を綺麗にする機能のついたものも見られます。あるいは中国で発生するようになったPM2.5の除去に対応する機種も登場しています。
これらの機能は年ごとに新しい機能として登場することにはなりますが、実際に必要な機能は何かについてはその数は限られて来るものです。耐久性や省エネ、安全性、そして価格などが多くの人の考える最小限の必要項目になるとされます。2002年頃には価格が2万円台のエアコンも登場し注目を集めました。

Just another WordPress site