家庭用エアコンのエアコンとしての寿命は?

家庭用エアコンは色々な機能が搭載されているものや省エネを重視したものなど色々なものがあり、最近では自分たちでメンテナンスしやすいように自動メンテナンス機能なども搭載されるようになって来ています。そんなエアコンは設置してからしばらくは使うことができるのですが、その寿命がどの程度なのかと言う事を知っている人は意外と少ないとされています。
エアコンの寿命としてはエアコンの主要部品の耐久性から概算する製品寿命やメーカーが修理や交換部品の製造を保証する年数などから計算して、一般的には長くてもおよそ10年が限界だとされています。つまり購入してから10年経過している家庭用エアコンが不良となっても、すでに寿命が近いので修理したところでまた何らかの不良を訴えるようになるのでムダになってしまう可能性が高いと言う事になります。特に普段から掃除をしていなかったりメンテナンスをしていないエアコンは10年よりも早く寿命を迎えてしまう事が多く、早期に買い換えなくてはいけなくなると言う事も多いです。
つまり家庭用エアコンの寿命は最長でも10年ではあるのですが、使っている人たち次第では10年も持たない可能性があるということです。なのでできるだけ長く使って生きたいという場合は、掃除やメンテナンスを定期的にすることで最長寿命まで使うことができるようになっています。また購入して7年以内であればまだ修理して使い続けることもできるので、修理するかどうかの目安もポイントです。

Just another WordPress site